ブログ記事

【気密】実際に気密工事・気密測定を行った物件はQ値0.3でした

2022年11月18日

実際に気密工事・気密測定を行った物件はQ値0.3でした

気密工事とは?

住宅の気密性を高めるための工事です。

気密工事にはいくつかの方法がありますが、当社では断熱材(セルロースファイバー断熱)を施工した後に、室内側に「気密シート」を追加で貼る方法をとっています。

写真の緑色のシートが気密シートになります。


気密測定とは?

気密測定とは建物の気密性を実際に測ることです。専用の機械を用いて測定します。これにより建物の「Q値(キューち)」が測れます。数値が小さい方が気密性が高い建物ということになります。Q値は実測値となりますので、建物ごとに違います。


気密工事・気密測定を標準にしていない理由は?

気密工事と気密測定は2022年11月現在、ますかわホームではオプション工事としています。

理由①セルロースファイバー断熱はグラスウール断熱などに比べてそもそも隙間ができにくい施工方法(乾式吹込み工法)だから。

理由②セルロースファイバーの「調湿性」というメリットを極力生かしたいから。

理由③気密測定は測定する費用がかかるから。

 

以上の理由により現在はオプション工事とし、ご要望のあるお客様にご提案するに留めています。


気密工事・気密測定にかかる費用は?

気密工事に関してはシートを貼る面積(建物の坪数)によって変わりますので一概に言えません。

参考目安としては40坪程度で¥350,000円(税別)程度~とお考えいただくといいと思います。

気密測定は気密工事と合わせて行う場合¥50,000円(税別)程度とお考えいただくといいと思います。

※各目安金額は2022年11月着工の場合です。


実際に気密工事を行った物件の数値はQ値=0.3でした。

直近ですと2022年11月にお引渡しした物件で実際に気密工事・気密測定を行いました。

結果はC値0.3(厳密にはC値0.27)という数値でした。

こちらが測定中の写真です。

こちらが測定結果です。C値0.3と表記があります。

αA値が37㎠となっていますので計算式により求めると、37㎠÷139.31㎡(測定した建物の実質延床面積)=0.27(C値)となります。

【物件概要】
建物:2階建て、40坪程度
断熱:セルロースファイバー断熱
工法:テクノストラクチャー工法
気密工事:気密シート貼(外部に面する壁・天井)
C値:0.27


まとめ:気密は最低でもQ値1.0以下は欲しい!

家の気密性能(Q値)は1.0以下が欲しいところです。

C値1.0というのがどういった数値なのかというと、家全体からみて建物の隙間の合計がハガキ約0.67枚分の面積ということになります。(換気扇などは除きます)

山形県が認証する「やまがた健康住宅」の基準でも2022年4月1日よりC値1.0以下が認定要件となっています。

また、やまがた健康住宅の認定をご希望の場合は、必然的に気密測定が必要となりますのでご注意ください。

まずはお気軽にご相談ください!

023-681-3238
資料請求 無料相談 お電話