ブログ記事

上棟式の流れ

2022年7月13日

こんにちは!

設計士の木村です。

今回は上棟式について。初めての上棟式で「なにをするの?どんな流れなの?」と不安に思う方もいるかと思いますので、上棟式の流れをご紹介します!

 

上棟式…柱・梁など家の骨組みが完成した状態を「棟上げ(むねあげ)」と呼びます。その「棟」が無事に上がったことに感謝、そして今後の工事の安全を神様に祈る行事。

上棟式では、その現場を担当する大工棟梁に神事を行ってもらうことが多いです。祭壇の準備(お供え物含む)は当社で無料で行います。祭壇にお供えするお餅は後述しますがお施主様にご用意をお願いしています。

◎上棟式当日の流れ(1時間程度)
①上棟式神事(降神・四方祓い・玉串奉奠・昇神)
②上棟の儀
③記念撮影
④現場を一緒に見て確認

 

※クリックして拡大できます。

祭壇には海の幸(こんぶやイカの干物)・山の幸(果物)・野の幸(野菜)をお供えします。その他に塩・米・お神酒。そしてお餅。

日天月天(にってんがってん)といって太陽と月を表した二個のお餅と、上棟餅(じょうとうもち)という二段に重なった大きなお餅を祭壇にお供えします。

その他に建物四隅に置く四方餅(しほうもち)という小さなお餅も四つ。

※こちらが四方餅

お餅に関しては費用も含めお客様にご準備をお願いしています。ない場合も当社で代行して用意することも可能ですのでご安心ください。

地鎮祭の宮司様の場合、儀式の説明をしてくれる場合もあるのですが、大工さんは恥ずかしがり屋で(?)さささささっと流れるように儀式が進んでしまうことも多いので。ここで簡単にご紹介しておきます。

・降神(こうしん)の儀
ロウソクに灯を灯して祭壇に神様をお招きします。お神酒の蓋をあけて神前にお供え物をします。

・四方祓い(しほうばらい)
建物四隅(事前に四方餅を置いたところ)に少量の塩・米・お神酒をまき建物を清め工事の安全と無事完成を願います。

・玉串奉奠(たまぐしほうてん)
玉串(榊(サカキ)の葉に紙をつけたもの)に願いを込めて祈念します。

・昇神(しょうしん)の儀
お神酒の蓋を閉じお供え物をお下げし、お招きした神様にお帰りいただく儀式です。

以上で神事は終了。

②では上棟の儀と称して、上棟式の記念になるようお施主様にゴールドのピンを柱に1ヶ所打ち込んでいただいています。打ち込み終わりましたら盛大な拍手をお願いします!

以上で式は終了です。

もしニーズがあれば、今後はお子さんと一緒に楽しめる手形式(柱などに絵の具を付けた手をぺったん!)などもやってみたいな~と思っています。ご希望のお客様はぜひお声がけください。

◎参考
時間:1時間程度~
持ち物:現場監督にご確認ください
服装:自由
参加者:施主様ご家族、宮司様、当社社員、(施主様ご家族など)

多くはないですが、お客様のご要望によってはご親戚やご友人やご近所の方を招いて昔ながらの「餅まき」をする場合もあります。

空から降ってくるお餅(とお菓子)にお子さんは大喜び!大人も子供も楽しい想い出になります。

まずはお気軽にご相談ください!

023-681-3238
資料請求 無料相談 お電話