ブログ記事

地鎮祭の流れ

2022年8月5日

こんにちは!

設計士の木村です。

今回は地鎮祭について。初めての地鎮祭で「なにをするの?どんな流れなの?」と不安に思う方もいるかと思いますので、地鎮祭の流れをご紹介します!

 

地鎮祭…その土地を守る神様に土地を利用させてもらう許可をもらい、工事の安全を祈願する行事。

地鎮祭では神社の宮司様に来ていただき神事を行っていただいています。祭壇の準備(お供え物含む)は当社で無料で行います。お客様には宮司様への「初穂料(玉串料)」のみ、のし袋に入れてご準備いただいています。

◎地鎮祭当日の流れ(1時間程度)
①地鎮祭神事(修祓・降神・献餞・祝詞奏上・四方祓い・玉串奉奠・撤饌・昇神)
②記念撮影
③現場で建物位置の最終確認

 

※クリックして拡大できます。

神事について

・修祓(しゅばつ)…参列者を払い清めます
・降神(こうしん)…祭壇に神様を迎えます
・献餞(けんせん)…祭壇のお供え物を神様にお供えします
・祝詞奏上(のりとそうじょう)…宮司様が神様に祝詞を読み上げます
・四方祓い(しほうばらい)…土地の四隅を払い清めます
・玉串奉奠(たまぐしほうてん)…玉串に願いを込めて祈念します
・撤饌(てっせん)…お神酒の蓋をしめてお供え物をお下げします
・昇神(しょうしん)…祭壇にお招きした神様にお帰りいただく

こんな感じの流れで宮司様が神事を進めていきます。

四方祓いはお施主様にもお手伝いいただく場合がございます。宮司様と一緒にお神酒・米・塩を敷地に撒いて清めます。

玉串奉奠には参加者の皆さんにご参加いただきます。玉串とは榊(サカキ)の葉に紙をつけたものです。当社でご用意します。

当社進行役がお客様のお名前をお呼びします⇒宮司様から玉串を受け取る⇒祭壇の前へ行く⇒玉串をくるっと持ち替えて(玉串の持ち手を祭壇奥に、葉っぱが自分側になるように)祭壇に置く⇒願いを込めながら、二礼二拍手一礼⇒おしまい。

終わったら祭壇からでて宮司様と会釈し元の場所に戻ります。お子様にもパパ・ママと一緒に参加してもらっていますよ。

※クリックして拡大できます。

現場にはあらかじめロープやスプレーで建物の形を出していますので、お施主様と一緒に隣地との離れやカーポートの位置を確認しますよ。

◎参考
時間:1時間程度
持ち物:(宮司様への)初穂料
服装:自由
参加者:施主様ご家族、宮司様、当社社員、(施主様ご親族など)

まずはお気軽にご相談ください!

023-681-3238
資料請求 無料相談 お電話