ブログ記事

OB様宅 屋根塗装(R4.07.26)

2022年7月26日

設計士の木村です!

ますかわホームは建てた後もお客様と末永いお付き合い。今日はアフターメンテナンスについて。

 

2005年に当社で新築した築17年のOB様宅にて屋根塗装のご依頼をいただきました。

※クリックして拡大できます。

こちらが既存の写真です。サビは見られませんが経年変化による色褪せが気になるとのことでした。

色褪せは表面の塗膜の劣化の始まりですので、それが進むと塗膜の下の鋼板に傷みがでてきてしまいます。その前に塗装することで屋根をより長持ちさせます。

※クリックして拡大できます。

足場を設置し高圧洗浄で汚れを落とします。そのうえでまずエポキシ樹脂の錆止めを塗りました。真っ赤でちょっとびっくり(笑)でも塗った面がはっきりわかるので、塗り残しが無くていいかも。

錆止めの上から仕上の「シリコン塗装」を行いました。

シリコン塗装の耐用年数は物によりますが7~10年程度。これより少し高い「フッ素塗装」「無機塗装」は耐用年数10~15年程度です。シリコン塗装より安価なものもありますがその分耐用年数が短くなります。ご予算や今後のメンテナンスサイクルのお考えに合わせてご提案しますのでご安心ください。

※クリックして拡大できます。

仕上塗りも完成しました。足場組み1日、錆止め塗装1日、仕上塗装1日、足場解体1日の合計4日間かかりました。

現在の当社標準屋根は穴あき25年保証・塗膜15年保証の付いたガルバリウム鋼板

屋根の塗装メンテナンスは一般的に新築から10年~15年といわれています。ですが年数よりも実際の塗膜の劣化(色褪せ状況)やサビの状況が重要です。

環境によって劣化の進みが早かったり、反対に遅い場合もあります。当社では定期点検の際に目視で屋根も確認し、必要に応じてメンテナンスをご提案しています。

まずはお気軽にご相談ください!

023-681-3238
資料請求 無料相談 お電話