ブログ記事

【困りごと】エアコンのエラー表示

2022年8月8日

こんにちは!

設計士の木村です。

今日はOB様向けの内容です。エアコンのエラー表示についてご紹介します。

 

エアコンのトラブルが起きた際には当社(リビングベル会員のお客様は24時間365日対応のリビングベルサポートダイヤルでも可:03-6630-9847)にご連絡いただけますとご対応いたします。

※当社からお客様にお願いがございます。

エアコントラブルで当社にお電話いただく場合は、電話口にて下記をお伺いします。

①お施主様のお名前
②ご住所(確認のため)
③ご連絡先(電話番号)
④エアコンの品番(UX712D2-W、TX252D-Wなど。エアコン本体に記載あります)
⑤エラー番号

 

※エアコン本体または室外機で異常を検知すると、機種にもよりますがエアコン本体のタイマーランプが点滅してお知らせします。

この⑤が重要です。エラー番号(内容)によっては、電話口でのメーカー対応で解決できる場合があるため、必ずエラー番号を電話口にてお伺いします。

※エラー番号の表示の仕方

◎Panasonic UXシリーズの場合⇒年代にもよりますが、リモコンに「お知らせ」ボタンがありますのでエアコン本体に向けてボタンを押します。”ピピピ…”と音が鳴りリモコンの液晶にエラー番号が表示されます。(診断H11、など)

◎Panasonic TXシリーズ、Kシリーズなどの場合⇒エアコン本体の前面パネルを開くと、本体内部の右側に診断コード表示部があります。英数字3桁が1文字ずつ順に表示されます。

詳しくはコチラ

 

※エラー番号の内容一例紹介

H11⇒エアコン本体と室外機の通信に不具合がある場合に表示される診断コードです。業者による点検・修理が必要です。

H16⇒エアコンが運転しているのに少量しか電流が流れていないことを知らせる診断コードです。電源を入れ直す(リセットする)ことで改善する場合があります。

H19⇒エアコン本体から風を送るファンが回転できなくなっている場合に表示される診断コードです。業者による点検・修理が必要です。

H51⇒フィルターそうじノズル、またはブラシそうじブレード動作異常を知らせる診断コードです。エアフィルターを付け直し、本体リセットを行うことで改善する場合があります。

H52⇒フィルターおそうじ機能に不具合がある場合に表示される診断コードです。エアフィルターを付け直し、本体リセットを行うことで改善する場合があります。

H97⇒室外機のファンの異常を知らせる診断コードです。電源を入れ直す(リセットする)ことで改善する場合があります。

その他のエラー番号や詳しい対処方法について詳しくはコチラ

上記をお確かめの上、
・業者対応が必要なエラーの場合
・各対処法を試しても改善しない場合
・その他不具合が起こった場合やご不明な場合には当社へご連絡くださいませ。

 

◎当社電話:0237-681-3238 ※営業時間外や長期休暇の際などは繋がらない場合があります。

◎リビングベル会員様:03-6630-9847 ※24時間365日電話サポート対応可能です。Panasonicリビングベルサービス会員様のみのご対応可能です。

まずはお気軽にご相談ください!

023-681-3238
資料請求 無料相談 お電話