ブログ記事

都心の最高気温平均33.9度

公開日:
最終更新日:

こんにちは!

ますかわホームの木村です😊


都心の最高気温平均33.9度

今朝の情報番組ZIPでやっていた内容なのですが、

東京都心の最高気温(7月・平均)

2020年→27.7℃

2021年→30.3℃

2022年→31.7℃

2023年→33.9℃

2024年→35℃?(こちらは予想だそうです)

年々着実に上がり続けている!!!!!😨

なんとなくは「毎年のように暑くなってる気がする…」「子どもの頃こんなに夏暑かったっけ…?」と思っていましたが

数値で見るとハッキリわかりやすいですね。

環境の専門家ではないので先のことはわかりませんが、地球はどうなっちゃうんでしょうね…。

私の子どもたちの未来はどうなっているんだろう…心配になってしまいます…😭

でも私が悩んでもしょうがない…!

自分にできることを考えて、実践していくのみです。

住宅設計の観点から

さてさて

住宅設計の視点から、夏の気温上昇に対してできることまず2点。

①断熱強化

②日射遮蔽をきちんと考える

断熱強化は一般のお客様でもなんとなく想像しやすいかと思います。断熱性能がいいと冷房の効きがよく、省電力で涼しく過ごせます。

でもさらにしっかり考えてほしいのが「窓(から入ってくる日射熱)」です。

真夏にW1650、H2000サイズの一般的な掃き出し窓から入ってくる熱は、コタツ1台分にも相当するとも言われます。

冷房をつけながら、コタツで熱も発生させているような状態。あべこべですよね。

窓を無くすことはできないので、対策としては大きな窓にはタープ・すだれ・庇・下屋などで日陰を作ることです。

もう一つポイントが屋根です。

シミュレーションで本日7/4のam12:30・山形県・(太陽高度72度)に設定した時の南面の日射の当たり具合がこんな感じ。

山形県7月4日12:30想定の日射の当たり方

pm14:30(太陽高度51度)に設定するとこんな感じのシミュレーション。

山形県7月4日14:30想定の日射の当たり方

2階の窓に(屋根の)軒で日陰が出来ていますね。これが屋根(軒)のない真四角のデザインの家だったらどうなるでしょうか?おわかりですよね。

ますかわホームで屋根(軒)のあるデザインをおすすめし続けている理由のひとつがこの「夏の日射」による考えからです。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

023-681-3238
資料請求 無料相談 お電話